home
お肌にいい基礎化粧品ってなんだろう?お肌ぷるぷる潤いしっとりガイド

敏感肌対策

アトピーでとても肌が敏感です!
いろいろ化粧水を試してみました。最初はとても潤って効果を実感するのですが一定期間を過ぎると肌に合わなくなるのか、かゆくなったり、すぐに肌荒れしてしまいます。
どうしても継続して使うことができす、悩ませられます。(ノ_-;)ハア…

アトピー・・・私もそうでした。
家族全員そうですけど・・・。

最初は大丈夫だと思って使い始めてもしばらくするとかゆくなったりするんですよね。なんと迷惑な肌!とか思っちゃいますね。

解決策としては・・・

  1. AM1〜2時前後は疲れたお肌の回復時間です、ゆっくり休みましょう。
  2. ビタミンC、ビタミンEを摂っていますか?
    ビタミンCは(サプリメントだけに頼らず)レモンや果物などで摂りましょう。
    果物や緑黄野菜は、善玉菌を増やして免疫力アップにも良いようで、廻り回ってお肌作りにも良いと思います(アトピーも)。
    ビタミンEはサプリメントもありますが、皮膚層でEを生成するには20分/日程度の日光浴が良いようです。ただし、紫外線にあたり過ぎると、シミやソバカス・・・の悪影響があることはご存知と思います。季節などを考慮して適度に留めましょう。
  3. 肌に刺激を与えてはいませんか?
    もし、お風呂でカラダを洗う時にブラシを使っていたら即刻やめましょう。健康タオルやスポンジも基本的には使いません(酷く汗ばんだ時に限って使うようにしました)。
    いつもは手洗いで十分です(常在菌に皮膚を守ってもらいます)。
  4. 自律神経が穏やかになることを心がけましょう。
    気に入らないことが起きたら、ひと呼吸呑み込んで、できればその場をやり過ごす。
    お風呂はぬるめに20〜30分ぐらいゆっくり入る。
    就寝時はその前の照明の落とし方、音を静かにするなどの導入に気をつける。
  5. 化粧水やクリームを塗るのは、お風呂上がりの気持ち水分が残っているとき。
    ここで伸びの悪いクリームは良くない品物だと私は思います。

化粧水や乳液などは一人一人に合う合わないがあるかと思います。敏感肌なら尚更です。
すぐにトラブルが発生してしまいませんか?
まずは、肌作りの基本的な部分からしっかり取り組むようにしましょう。

敏感肌に良い物(事)とは?

・ビタミンC、ビタミンE(レモンや果物など)

・お風呂はぬるめに20〜30分ぐらいゆっくり入る。

・お風呂でカラダを洗う時は手洗いで十分!

・のびの良いクリーム









 
2009© lifestyle .All Rights Reserved
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。